2014年10月21日火曜日

56音版D-280について

現在販売しているD-280に入っている音は41種類で、単音はピアノで言えば白鍵のみとなっています。
ハ長調=C系や、イ短調=Am系の曲などなら大体弾くことができ、そうでない曲でも移調すればほとんどの曲が可能になります。
#が入っている曲でもコードを代用して使うとなんとかなる場合があります。
フリーで配布している「Yesterday」HUDを使った動画です。
D-280サウンド版付属の基本HUDのボタンのリンクを外し、必要なものだけ残し、コピー等して並べ替えてHUDの土台にリンクし直すとこうなります。



下の画像が41音版基本HUDです。

フルパーミッションですので並べ替えなどをして一曲専用HUDを作って楽譜のようにお友達に配布することも可能です。



さて、タイトルの56音版とは・・非売品ですが、41音版をお買い上げいただいて、
私(Namidame Nakamori)に「欲しい」とご連絡いただければ送ります。
但し、装着位置は、私に合わせてありまして、位置調整は必要になります。

音を増やしたいきさつは、やはり#の音も欲しいというご要望があり、7フレットまでの全ての音と12フレット1,2弦のハーモニクスを追加したものが56音版です。
プリロードの待ち時間が少し増えます。
(スクリプトのプリロードというのは、どうもちゃんとキャッシュされないようで、全てのボタンを一度押して音をキャッシュしておく必要があります。それだけ使いはじめるのに時間がかかる代物です。)

HUDは単音部分がギターの指板風になっています。コードは41音版と同じです。
単音部分の両端の白バックに「Eミ、Bシ、Gソ、Dレ、Aラ、Eミ」となっているボタンは開放弦の音です。
フレット上に赤丸があるのはハンマリングオン、水色丸はプリングオフで、コードボタン左に並んでいるそれらと同じ音です。
右端の緑長方形がハーモニクスです。
このHUDも、もちろん並べ替え可能です。フルパーミッション。
また、56音版ギターで41音版の簡単なドレミ・・ボタンHUDを使うことももちろんできます。



0 件のコメント:

コメントを投稿