2016年8月2日火曜日

みさきフェスハントシステムについて

いよいよ今週、5日金曜日に日付が変わったと同時に「みさきフェス」を開始いたします。

色々なイベントを盛り込んでいますが、その一つ、ハントシステムについてご説明いたします。

去年なみねこ街祭りを経験していただいた方にはわかりやすいと思いますが、ちょっと複雑です。

まず、みさきフェスは入口(テレポ地点)が決まっています。
そこから、ハントをするには周遊券(みさきっぷ)を装着していただかないといけません。
この券売機をタッチしてきっぷをもらってください。

屋台やブースでお買い物だけとか、風景見物だけという方は直通テレポーターがありますのでそちらをお使いください。


装着するとHUDで画面にきっぷが貼りつきます。


エントランスから大きなゲートをくぐり、地下鉄風の階段を降ります。


右側、街・お祭り会場と書いてある方の電車に乗ります。
きっぷを装着していないと改札で止められます。


柱にオレンジの行先表示がある方に停車している電車に乗ります。
約3分ごとに来て、1分停車します。


必ず中まで乗り込んでからシートをタッチしてください。
シートの内側、通路側をタッチしないと座れないです。
座っていないと振り落とされます。


いまみさき駅の改札を通過すると二つ目の駅スタンプがつきます。
駅スタンプが2つ埋まらないうちは、他のスタンプがつきません。
これで、街のあちこちにいる人形や猫をタッチして回ると、
数字スタンプが集まります。



4桁の数字は、当たりは大体語呂合わせになっています。
今回は、集めた順に自動で読み取りますので、
ご自分で数字を決めて当てに行くことはできません。
どこにどんな数字があるか、覚えておいてください。

前回は質屋を探して入るものでしたが、今回はうらない屋です。
普通の占いはしていません。スタンプが集まっていない方は
外から無理に中の椅子に座るのはご遠慮ください。


注意が書いてありますので慌てず、お読みになってから
中へ歩いて入り、椅子に座ってください。
座っていたら自働的に外に出ますので、
立ち上がらないでください。


素敵なうらない師がお相手いたします。
数字の並びを読み取り、喜んだり怒ったりします。
その結果はお楽しみに。

残念賞はランダムにいろいろな景品が当たります。
ひじょうに残念な品物もあれば、なかなか良いものもあったりしますw。

決め打ちで、○○賞を当てにいくためには、語呂合わせを考えていただく必要があります。その語呂合わせにするために、各地にある数字を覚えておいてください。
タッチした人形(人や猫など)はヒントを言うこともあれば、別のクイズのヒントを言うこともあり、全く意味のないことを言うこともあります。

駅スタンプは「はじまりのおわり」→「いまみさき」の順でないとつきません。
ハントを何度もやるためにはエントランスから始める必要があります。
何度も電車に乗るのに飽きると思いますので、テレポーターを用意してあります。


だいたい夜は、私、Namidame Nakamori(なみ)が常駐していると思いますので、ご質問がございましたら聞いてください。

5日金曜日から今回の景品が出るように設定中です。
お試しいただいてもかまいませんが、それまでは去年の景品のままです。






0 件のコメント:

コメントを投稿